詳細

どうしたら日当たりの良い家になりますか?

先ずは土地選びからですが、日当たりの良い南面道路付けの土地は特に人気のある物件です。

南面道路付けの土地に人気が集まるのはやはり日当たりが好いというのが一番の理由です。

しかし注意しなければいけないこともいくつかあります。

一般に南面道路付きの土地だと日当たりがいいと思われがちですが、実際には道路の反対側が山や傾斜地だったり、または高さのある建物が既に建っている場合だと、日が当たる時間が短くもなる場合もあるのです。

無条件に良いとも言い切れません。

日当たりの悪さを解消する場合は、家造りの間取りプランを工夫することで解消することができます。

日当たりの悪い南面道路だけではなくその他の日当たりの悪い土地に新築建てる際にも共通することですが、トップライト(天井窓)や天井近くの高い位置に取り付けた窓で彩光をとることで日当たりの解消もできます。

続きまして、南側の道路と土地の高低差がない場合には、南に面した部屋は通行人の視線が気になる場合があります。庭や洗濯物も見えてしまうということも考えられますね。

こうした場合の対策として目隠しの設置が必要です。

例えば、2階にリビングを設置することもひとつの工夫で、視線を気にすることなくリビングを明るくすることができます。

また、南面道路付きの土地だと間取りとして台所や浴室などの水まわりを北側に配置することが多くなります。

そのため水まわりの給排水の配管が長くなり、その分の建築コストが高くなってしまいます。

南面道路にかかわらず、日当たり・プライバシー・工事費など、いろいろなクリアすべき条件があります。

土地周辺の環境を考慮して、新築のお家作りのプランに反映させていきましょう。

PAGE TOP ▲
パソコンサイトはこちら
スマートフォンはこちら