詳細

建てた後のお金のお話。固定資産税とは?

こんにちは、郡山市のアイビーホームです。
家を建てた後にかかってくる税金に、固定資産税があります。聞いたことはあるけれど、よくわからない…という方に詳しく説明いたします。

 

固定資産税とは土地や家屋を1月1日時点で所有している人に課税される税金のことです。金額は市町村の決定した固定資産税評価額を基に、その年の4月1日から翌年3月31日までの分が割り当てられます。
納期は市町村によって異なる場合がありますが、毎年4月から6月頃に、その年の最初の納税通知書が届きます。こちらを一括払いか年4回の分納で納めます。
支払い方法は4種類選択できます。各市町村の窓口、郵便局、金融機関での現金払い、口座振替、クレジットカードでの支払い、そしてインターネットバンキングでのペイジー支払いなどがあります。

 

仮に、固定資産税を試算してみると・・・。

 

公示価格が3,000万円、75㎡の住宅地の場合、固定資産税は、
3,000万×75%×1/6×1.4%=47,070円 となります。
(固定資産評価額×公示価格×軽減措置(適応される場合)×標準税率)

 

固定資産税は市町村や年度によって額が異なります。疑問に思うことがあったら市町村役場に問い合わせて、相談してみることをおすすめします。
もちろん私たちアイビーホームに連絡いただいても構いません!家づくりのプロが、皆さまにご納得していただくまで丁寧にご説明いたします♪

 

PAGE TOP ▲
パソコンサイトはこちら
スマートフォンはこちら